全日制高校を中退しても高卒資格は取れる?!

高卒資格を取る第一の方法ー定時制高校

全日制の高校を中退しても、高卒資格が取れることをご存知ですか?その第一の方法は、定時制高校への編入学です。定時制は、午前4時間、午後4時間、夜間4時間のいずれかで授業をしている学校ですが、多くは夜間4時間の学校です。昼間はアルバイトをしながら、夕方から定時制高校に通うのです。定時制高校にはいろんな人が通っています。いわゆるヤンキーと言われる人もいますが、何らかの事情で不登校になった人、全日制からの転入・編入の人、社会人の人など様々です。以前は卒業まで4年間かかりましたが、3年間で卒業できる学校も増えました。

高卒資格を取る第二の方法ー通信制高校

全日制高校を中退して高卒資格を取る第二の方法は、通信制高校への編入学です。主に自宅で勉強してレポートを提出することと、週に1~3回ぐらい学校に行って勉強するスクーリングとがあります。決められたレポートとスクーリングを完了すると、試験を受けることができ、単位が取得できます。自分のペースで勉強でき、空いた時間でバイトをしても良いし、趣味やスポーツを極めることもできます。ただし、高卒資格を取るという強い意志をもっていないと、卒業までこぎつけるのは大変です。

高卒資格を取る第三の方法ー高卒認定試験

全日制高校を中退して高卒資格を取る第三の方法は、文部科学省が行っている高等学校卒業程度認定試験(高卒認定試験)に合格する方法です。年2回実施され、何回でも受けられます。国語・数学・英語・地歴・公民・理科の8~9科目の合格が必要ですが、高校時に取得した単位も生かせて科目免除されます。高校2年生以降に中退した人は、1~7科目の免除が受けられますので、場合によると1科目合格だけで高卒認定試験合格となります。合格すると、大学や専門学校の受験資格が得られます。

高校中退をしても夢を諦めずに進学や就職をすることができます。これからの人生を大きく変えることができるので希望があります。

You Might Also Like