資格の取得は目標を定めてからでも遅くはありません

資格を生かす取得の取り方

資格もたくさんあるので何を取得するかで迷います。何となく就職に有利になると思って取得しても、使用することがなければ意味がありません。何事も目的を明確にしておくことが大切で、資格はその目的を叶えるための手段だと思うことです。自分の将来、3~5年先くらいの目標を捉えてみることです。あまり10年も20年先を考えてもイメージが湧いてきません。その姿をイメージして、それを補佐する知識や技能を考えてみると俄然やる気が沸いてきます。簡単な資格とはいっても勉強には時間と費用がかかり、真剣にトライできなければ途中で挫折してしまいます。

取得の簡単な資格は複数でカバー

資格取得のために専門学校に通って勉強が必要なものもあります。このような資格は、受験しても合格率が低く懸命に勉強に励まなければ取得できません。ところが、容易なものは通信教育の勉強程度で取得できるものもあります。ところが、難関ではないため取得している人は多く、資格を持っていても対外的にあまり効果がありません。しかし、容易な資格ではあっても、複数あり、その一つひとつに関連性があると見方が変わってきます。

学生時代からコツコツと取得すること

資格取得は遊んでいて取れるものではありません。どんなに簡単な資格といえどもテキストの勉強は必須となります。そのために学習の時間を計画的にとり学ぶ環境が必要になります。社会人として勤めてしまうと、この時間を取るのは難しくなります。学生時代は時間がありますから、学部に関連したものは学校の勉強と連動して資格として取得しておくことです。例えば、経済学部や商学部であれば、中小企業診断士などは挑戦して取っておくと将来役に立ちます。

社労士の講座に関心があるなら、通信教育を申し込みましょう。自分のペースで学習できますので、働きながら資格を取得することが可能です。

You Might Also Like